• ホーム
  • レビトラジェネリックの国内製と海外製の違い

レビトラジェネリックの国内製と海外製の違い

2020年01月12日

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、食事の影響を受けにくく即効性があります。
2003年にドイツの製薬会社から発売されました。日本では2004年に厚生労働省から承認を受け、販売が開始されています。
レビトラには有効成分としてバルデナフィルが含まれています。
日本国内ではまだ特許期間が満了していないため、ジェネリック医薬品は製造されていません。
海外では主にインドで製造されたレビトラのジェネリック医薬品が存在します。
バリフやビリトラなど、インド製のバルデナフィル錠にもレビトラと同じ効果があります。

レビトラには5mgと10mg、20mgの3種類の錠剤が存在しますが、クリニックでは主に10mgか20mgが使用されます。
5mgは効果が弱いのであまり使用されていません。レビトラの効果には個人差があります。
10mgや20mgだと用量が多い場合には、ピルカッターで割って服用することも可能です。

インターネット上の個人輸入手続を代行する通販サイトでは、バリフやビリトラの20mgを1錠あたり200円から300円で購入できます。
インド製のジェネリック医薬品は日本国内で未承認ですが、個人輸入は合法です。
また通販サイトによる個人輸入手続の代行も合法とされています。

クリニックでレビトラの処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円です。
さらにクリニックでは診察料や処方せん料なども必要なため、1錠あたりの価格は総合すると3000円ほどになります。
バルデナフィル錠は短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
空腹時に服用すれば約20分でペニスが勃起し始め、約45分後には血中濃度が最大となります。
性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間とされます。

レビトラには安価なインド製ジェネリック医薬品があります。
効果や持続時間などはレビトラと同様です。
バリフやビリトラなどのジェネリック医薬品を使用すれば、クリニックで処方を受ける場合と比較して大幅に費用を抑えることができます。

安全に手に入れるなら国内で処方してもらおう

レビトラのジェネリック医薬品であるバリフやビリトラという海外製のバルデナフィル錠は国内のレビトラの特許が切れていない上に厚生労働省からも認可されていないので、日本のクリニックなどの医療機関では処方していません。

このことはバリフやビリトラのED治療薬としての効果が日本国内では、まだ確認できていないということを意味します。
バリフやビリトラを個人輸入代行通販サイトなどを利用して購入して服用して効果を得られなかったというだけであれば、お金を無駄に使ってしまったというだけで済みます。
しかし副作用など身体に悪い影響を与えるかどうかも確認できていないことになるのでEDの症状を治療する目的で服用したのに、かえって健康を害してしまう可能性も否定できないのです。

そしてバリフやビリトラはインドで製造されているのですがインド国内の医薬品の認可制度がどれほど厳密なものであるのかは、ほとんどの日本人は把握できていないのが現状になります。
またインド人の体質ではほとんど引き起こされることがない副作用が日本人の場合は頻繁に起こるといったことも充分にあり得るのです。

そういったことを防ぐために多少値段が高くなり経済的な負担がかかったとしても安全に入手する方法を優先させたほうが安全ということになります。
国内のクリニックでお医者さんの診察を受けた上でレビトラを処方してもらえば診察のときに副作用を引き起こす可能性を抑える方法を説明してもらえます。
レビトラの効果を最大限に引き出す方法も教えてもらうことが出来るのです。
診察を受けた人のEDの症状によってはED治療薬の処方は必要ないと診断される場合もあるかも知れませんが薬に頼らなくても大丈夫なことが分かるだけでも身体に良いことと言えます。