• ホーム
  • バイアグラは正しい飲み方を知らないと効果がでない!

バイアグラは正しい飲み方を知らないと効果がでない!

2019年10月03日
落ち込んでいる男性

バイアグラと言う薬は知名度が非常に高いものがありますが、その薬の正しい使い方について詳細な知識を持っている人はそれほど多くありません。
実際にバイアグラを活用している人の中でも、医師から直接丁寧な説明を受けた人に限られると考えることもできます。
多くの薬の場合、飲み方に注意しなければならない場合があったとしても食前か食後かなどのようなタイミングの問題であったり、一回に使用する量などが主な内容になることがほとんどです。
しかしながらバイアグラの場合には効果を適切に得るためには、性行為をする時間を考えて飲むタイミングを決めなければなりません。

またファイザー製薬が注意喚起をしている副作用などもありますので糖尿病などの持病を持っている人は注意しなければなりません。
このような副作用の問題についてもしっかりと知識を持っておくことが大切です。
勃起不全と言うEDの症状を改善する効果があるのは事実ですが、バイアグラを使用することによって問題が生じないかどうかについても正しく認識を持っておくことが大切です。
正しい使い方を知らずに使用する場合、効果が期待できない場合もありますし、命に危険が及ぶ場合もありますので注意が必要な種類の薬に位置づけられます。

もう一つ特徴的なのは効果が失われてしまうケースがあると言う問題です。
バイアグラが体に吸収される際に食事が吸収を阻害する効果があるということが知られており、服薬から効果を発揮するまでの間は基本的に何かを食べたり飲んだりすることが推奨されません。
そのような仕組みであるということを理解しておくことが非常に大切です。
世の中には様々な薬がありますが、ただ単にバイアグラを飲めば適切なタイミングで効果が出るものであるとは言えませんので注意が必要です。
使い方を正しく認識しなければ効果が全く出ないことがあると言うのは珍しい特徴ですが、知っておかないと薬が無駄になってしまいます。

バイアグラの副作用には頭痛?その他には?

バイアグラは即効性のあるED治療薬です。
空腹時に服用すれば約30分で効果が現れますが、副作用を発症しやすいと言う特徴があります。
バイアグラを効果的に使用するためには、飲み方に注意が必要です。
現在では食事の影響を受けにくいED治療薬も開発されていますが、バイアグラはファイザー製薬によって世界で初めて開発されたED治療薬です。
食事の影響を受けやすく、効果が半減することもあります。
正しい飲み方を守れば、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。

バイアグラは服用後約1時間で血中濃度が最大になります。
そのため性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
少量のアルコールで服用すると、気分がリラックスできるので効果が高まります。
過度の飲酒は酩酊状態を招くため注意が必要です。
またバイアグラの有効成分であるシルデナフィルには血管拡張効果があり、服用後は酩酊しやすくなるので飲酒を避けます。
バイアグラは食事の影響を受けやすく、空腹時に服用するのが基本です。

バイアグラの副作用には頭痛の他にめまいや顔のほてり、鼻づまり、消化不良などがあります。
シルデナフィルは即効性があるため、副作用を発症しやすいのが特徴です。
服用者の9割以上に軽い副作用が現れます。
頭痛などの症状は基本的に軽く、数時間経過すれば自然と回復するのが通常です。
長時間にわたって副作用の症状が続く場合は、医師への相談が必要になります。

糖尿病の患者の多くにEDを併発している傾向が見られますが、バイアグラを服用できる場合とできない場合が存在します。
動脈硬化、狭心症、心臓血管障害などを併発しており、治療に硝酸剤を使用している場合は服用できません。
高血圧の場合は病院で適切な治療を受けていれば服用できます。
その他に特に問題がない場合も服用可能です。