• ホーム
  • シアリスジェネリックの安全性は?メガリスやタダリス

シアリスジェネリックの安全性は?メガリスやタダリス

2019年12月08日

シアリスは3大ED治療薬の一つとして、日本でも非常に馴染みの深いものです。
その特徴は持続時間にあり、現在シアリスには5mg、10mg、20mgの3種類が製品化されています。
20mgであれば最大で36時間となりますから、他のED治療薬を圧倒しています。
これは、シアリスに含まれるタダラフィルの分子構造がブロック状であることが大きく影響しており、体内に浸透する時間は3時間程度かかるものの、一度吸収してしまえば長時間効果が続きます。

また、ゆっくりと体内に馴染んでいくことから、食事の影響を受けにくく副作用も比較的少ないこともシアリスの大きな魅力になっています。
もちろん、その効果を最大限に引き出すためには、その飲み方に注意が必要です。
できるだけ空腹時に服用する、性行為の3時間前に服用する、用量を守り1度服用したら24時間以上の間隔を空けることを徹底することが大切です。

これだけのメリットがあるシアリスですが、その価格は1,700円から2,000円が相場となり、他のED治療薬と比較するとやや高額になります。
そこで、ジェネリック品を求める人も少なくありませんが、残念ながら日本をはじめ多くの国では国際特許にかかる有効期限が残っているため製造することはできません。
しかしながら、唯一インドは有効成分と製法に別々の特許を設けています。
有効成分に関しては有効成分の有効期限が経過しているためジェネリック品が存在します。

現在、タダリス、メガリス、タダシップの名前で販売されているED治療薬はいずれもシアリスのジェネリック品です。
インド国内の製薬会社で製造された正規品であり、製法は異なれどタダラフィルが使用されていますから、シアリスと同等の効果が期待できます。
これらは個人輸入代行サイトから通販で購入することが可能です。
日本国内では個人利用に限り、海外の医薬品を個人輸入により購入することは薬事法で認められていますから、タダリス、メガリス、タダシップを入手するために通販を利用することは違法ではありません。

しかしながら、インターネット上では数多くのシアリスの偽物が販売されていることも忘れてはなりません。
したがって、正規のシアリスのジェネリック品を購入するためには、信頼できる個人輸入代行サイトを見つけることが重要です。
信頼できる個人輸入サイトの多くは運用歴が長く、最近ではその医薬品に含まれている成分を保証しているサイトも増えていますので、これらの条件を参考に探すと良いでしょう。

海外製のシアリスジェネリックは個人輸入で手に入れる

日本国内においてシアリスは特許期間の満了を迎えていないため、そのジェネリック医薬品は存在しません。
しかし、インドではシアリスのジェネリック医薬品はいくつも販売されています。
これはインドの特殊な特許法に理由があります。
インドでは2005年に行われた特許法改訂以前においては薬剤の物質特許が認められていませんでした。
そのためたとえ国際特許が有効な薬剤であっても同成分を使用したジェネリック医薬品の製造・販売を行うことが可能となっていました。
そのため現在市場に出回っているシアリスジェネリックの多くはインド産のものとなっています。

「タダリス・メガリス・タダシップ」はどれも、インドで製造されたものです。
これらはシアリスのジェネリック医薬品ですので有効成分も同様の「タダラフィル」が配合され、その効果や飲み方、副作用などもシアリスとほぼ同じとなっています。
日本ではシアリスは病院処方以外に入手の方法がないため、経済的な負担が大きいと感じている方も多いと思います。
そういった方には個人輸入を通して、海外製のジェネリック薬を購入する方法をおすすめします。
個人輸入には、国内の製品に比べて「数分の一」の価格で購入できる、通院の手間がかからないなど、数多くのメリットがあります。

個人輸入を行う場合、自ら海外通販サイトから直接購入することもできますが、現地語で会話をするなど非常に難しいやり取りが必要になります。
その点、国内の個人輸入代行業者を利用すればすべて日本語だけで簡単に取引が可能となってるため、こちらを利用すると良いでしょう。
個人輸入をする際に気を付けたいのが「偽物」の存在です。
海外サイトの中には正規品と偽り「偽造品」を販売している場合があり、このような偽物を購入しないためにも日本での代行業者をしっかりと選択することが大切です。
口コミや販売実績などを参考に、信頼できる代行業者を利用するようにしましょう。